ご報告

2011年 6月 2日

大震災の傷も癒えぬ中、季節は巡り、日に日に緑濃くなって参りました。

さて、私こと、3月の入院以来、皆様には多大なご心配をお掛けしましたこと、心よりお詫び申し上げます。お蔭様でリハビリも順調に進み、この度6月8日に退院、政治活動に本格復帰することと相成りました。

これまでの病院での治療とリハビリの日々は、東日本大震災や統一地方選の時期でもあり、国会や地元から離れていること自体に無念の思いを感じ続ける、非常に苦しい毎日でした。

家族や事務所スタッフの献身的な支え、たくさんの方々からの心温まる激励により、自分にできること、自分がやるべきことを、常に考え最善の努力を尽くして、今日を迎えることができたと思っています。

大震災直後、ガソリンや家畜飼料の供給が滞った県内。病床からの電話で、各々関係機関への働きかけなどを重ね、一定の解決を見た問題もありました。一方で、被災者の生活再建やガレキの処理、仮設住宅の建設など、被災地を中心とする復旧・復興に向けての課題は、我が県においても今後同時に、知恵を出して解決への道筋を立てていかねばなりません。

この春、この上ない悲しみと試練に直面した私たち東北の人間は、他人には測り知ることのできないこの傷を、これから長い時間をかけて、互いに癒し励まし合って歩んでいかねばならないのだと考えています。

病を患って、もどかしいほどに一人の人間としての弱さを知りました。また、それでもなお強く生きていくということに大切さも身をもって感じています。

しばらくは、杖を使用しての歩行となりますが、幸いにして思考と言語能力は変わりなく、残されたこの命すべてをかけて、これまで霞が関・永田町で37年間、公務一筋で培ってきたものをしっかりと、地元秋田のため、公のため活かしていきたいと決意を新たにしております。どうか、今後とも変わらぬお力添えを賜りますようお願い申し上げます。

今後、国会の推移を見ながら、各地域で順次報告の会を開催させて頂きます。直接お目にかかり、親しくお話しさせて頂けることを心から楽しみにしております。

末筆ながら、時節柄くれぐれもご自愛下さいますよう、またご家族皆様のお幸せを心よりお祈り申し上げ、御礼と退院のご報告に代えさせて頂きます。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

 衆議院議員 金 田 勝 年 拝

Entry Filed under: 未分類


カレンダー

2021年 10月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近の記事