内閣不信任決議案

2011年 6月 4日

病院からの一時外出を許され、6月2日に行われた、党両院議員総会・代議士会、内閣不信任決議案採決の本会議に出席しました。

菅総理のこれまでの震災・原発対応をめぐっては、被災者が安心し希望を持てるようなスピーディーな対応が十分にできておらず、情報も二転三転し、役所組織を動かす力量も見えません。総理としての資質、指導力の欠如は目に余るものがあります。

国難のこの時期において、国益と、一日も早い被災地の復旧・復興を考えれば退陣要求は当然です。なぜなら、速やかに体制を立て直し、あらゆる総力を結集して取り組まなければならない状況だからです。

政権延命のために与党内での対立や与野党対立を新たに生むようでは、真の国民の信頼が得られる対応や指導力の発揮は難しいのではないでしょうか。今後一段と厳しいチェックが必要となります。

dsc_0079.JPG 

衆議院議員として、内閣不信任決議案の採決は最優先課題であり、めったにない緊張するシーンでしたが、スムーズな登壇、投票をすることができ、事実上の政治活動復帰となりました。

dsc_0052.JPG

久しぶりに会った仲間たちから「元気そうだね」と声をかけられて・・・

Entry Filed under: 未分類


カレンダー

2021年 10月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近の記事